生活指導部

d0118459_1235760.jpg


親指から折りながら数える。5でグウになるから,6からは1本ずつ開いていく。
ジーの左手は3本立っているから8を
右手は2本立っているから7を示しています。
そこで,両手の伸びている指の本数を足すと3+2=5
折っている指の本数をかけると2×3=6
足した数を十の位に、かけた数を一の位にしてその和を求めると,
50+6=56となり,九九の8×7の積と一致します。
このように,5から10までのかけ算が指折りで計算できます。

では,両手の表す数をa,bとしてこのわけを説明しなさい。
中学3年生の内容なのですが,分かればポイント。
[PR]
by masa55g | 2007-06-13 12:11 | ゆかいなこどもたち

クボジーのあれやこれ


by masa55g
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31